スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自己実現、やりがい」 vs 「義務」

「女性の社会進出」
いい言葉です・・・少なくとも表面上は
しかし、その実態やその結果、今どういう社会になっているか

女性には、社会に出て働く「権利」が与えられました
今でも、働く女性、特に働く既婚女性が働く理由として
「自己実現」や「やりがい」というものがあります
つまり
「働きたいから働く」のです

前向きで、いい姿勢だと思いますが
その実、裏を返せば
「働きたくなくなったら働かない」
という主張も可能なのです

一方、男性はどうでしょうか?
ただひとつ
「働かなくてはいけないから働く」
これはすなわち、義務感をもって働いていることです。
働きたくなくても、今の職場で働きたくなくなっても
働き続けなければいけないのです

特に既婚男性であれば、家族を守るため
転職などはおいそれとできません
よりよい生活のために、より出世・昇給しなければなりませんし
収入がなくならないよう、解雇されないよう必死で働きます
逃げ道がないからです

女性の場合
特に出世しなくても、解雇されたとしても
独身であれば結婚、既婚であれば専業主婦という逃げ道が存在します。

このような意識の格差が生じている中
果たして、女性は男性と同じ生産能力を発揮できるのでしょうか?
決して、全ての女性が仕事を怠けているとは言いません
しかし、背水の陣で必死になって働いている男性に比べ
普通に働いている女性がかなうはずがありません

結果的に今の社会は
普通に働いている女性が、必死で働いている男性の足を引っ張り
ひとつの企業としての生産性を落としています

落ちた生産性の穴を埋めるべく、派遣などを使い人海戦術に出ています
同程度のプロジェクトを達成させるために必要な人員は
男性だけの時代よりも多くの人員が必要となり
一人当たりの賃金は、当時に比べ落ち込んでいます
男性一人の収入では、一家を支えることは難しい時代となりました

かつて、日本のお父さんたちが必死に働き、高度成長させてきました
キツイことを言うようですが
今現在でも、将来的にでも一家を支え、守るつもりがなければ
必死で働くつもりがなければ、社会に出ようなどと思わないでください

「日本であるために」
女性にはやらねばならないことがあります

男性は、社会の歯車です
かつて女性は、その歯車をスムーズに回す潤滑油でした

この関係の日本こそが、真に「男女平等」であったと主張します
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。