スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女は強くなった」「男は情け無い」

久しぶりにネタが思いついたので更新!
ご無沙汰しておりました

「女は強くなった」と、よく言われます
一方で「男は情けなくなった」と・・・

考えてみれば当たり前のことなのです
男性は小さい時から「男は弱い者(女の子)を守らなければならない」
と教えられています
それなのになぜ、女性を守る(結婚して養う)ことができなくなったのかと言うと
女性が守るべき「弱い者」でなくなったからです

一方で「女性は弱い」とも、よく言われます・・・これがすでに矛盾なのですが
そしてその「女性は弱い」と言うのは、まぎれもなく「女性」なのです
女性の口から「女性は弱いんだから、男性がしっかり守らなければダメでしょ」と
「強要」されてしまいます

また「強要」というものは読んで字の如く「強く要求する」のですから
「強く要求する」=「強く要求できる立場」、すなわち「強い」のです
そこで「男は弱い者を守らなければならない」という教え通りに
「弱い者」=「男性」、つまり「自分自身」を守ろうとします

実際の「本質」はどうかと言うと・・・
やはり、女性は「弱い者」であり、守らなければならないと思います
それも、女性自身が思っている以上に、女性は弱いのです

このブログでも「DV法」について批判し、なくすべきであると書きましたが
男性を萎縮させ、妻の奴隷化するという側面の他に
「真にDV被害に遭っている女性を助けることはできない」
という一面も存在するのです

DV法とは元々
「命の危険があると判断された家庭内暴力の救済処置」になります
ところが
夫からのDVにより、本当に「命の危険が晒されている」場合
誰に助けを求めることもできません
ヘタに助けを求め、それが夫にバレた場合、さらなる「報復」が待っているからです
また、そういう「DV行為」を行っている夫自身も、バレることを極端に恐れています
「病院へ行った」ただそれだけで
医者にDVの実情を話されたのではないかと思うため
病院へ行かせることすらもさせません
妻が何か能動的な行動に出た場合、必ず追求し、暴力を与えます
それを繰り返しているうちに、妻は一切の能動的な活動を自ら封じてしまいます
これが、女性自身すらも自覚していない、女性の本当の「弱さ」なのです

そういう「真にDV被害を受けている女性」を助けることもできず
何がDV法なのでしょうか?
本当に命の危険に晒され、自ら能動的な行動を封じている女性が
どうやって「女性センター」に相談しに行くのでしょうか?
中には勇気を振り絞って相談しに行く女性もいます
そういう女性は大変素晴らしいです

話を戻しましょう
かつては、女性もこの「女性の本当の弱さ」というものを自覚していたと思います
また、本当の意味での「男性に守ってもらう方法」も心得ていたと考えます
「女性は三歩下がって・・・」「三つ指立ててお出迎え」を代表に
おしとやかで慎ましい「大和撫子」であったのです

今ではほぼ死語と化した「大和撫子」ではありますが
男性が今でもよく「大和撫子がいい」と言うのは
女性が思うような「男性の身勝手・自分勝手」ではなく
「真に守りたいと思える女性像」であるからなのです

「女性は進化した!男性は遅れている!」と言われていますが
最近になって、ようやく男性も進化してきたのではないでしょうか?
最初は女性が強くなって戸惑っていた男性も「ならば別に守る必要ない」と
非婚の道へと「進化」してきている模様です

だがそれは、国として、またヒトという種として
存続できる「進化」かどうかは疑問に残ります

「日本であるために」
やはり、男性は強くなければなりません
一方で女性はやはり、本質的にはとても弱い存在であります

女性は、本来自分自身が持つ「弱さ」を自覚し
「三歩下がって・・・」「三つ指立ててお出迎え」とまでは言いませんが
男性が「真に守ってあげたいと思える女性像」を目指すべき

それが、今日本が抱えている「少子高齢化社会」に歯止めをかける
第一歩ではないでしょうか?
スポンサーサイト

Comments

No title

はじめまして。
趣旨には合わなくなると思ったのですが、気になることがあります。

>これが、女性自身すらも自覚していない、女性の本当の「弱さ」なのです
この女性の弱さですが、誰もがもっているものだと思います。

掲示板である男性が「離婚をきっかけに父親から性的虐待を受けつづけてる」と書き込ました。周りの人は相談すべきだといったのですが、当の本人は報復を恐れて相談しにいけませんでした。

また、離婚後妻から不愉快そうな目で見られたり、自分だけご飯を作らなかったりされ、挙句の果てにはあることないこと言いふらされ、周りの人から白い目で見られた男性がいました。その人にたいして、周りの人たちはあんたが悪いというと頭をたれて従ってました。妻のしていることは明らかにモラハラですが、それに気づくことなく、妻の顔色を伺いながら生活しているという感じがしました。

個人的な意見ですが、おっしゃられた弱さは女性だから発生するのではなく、力関係によって発生するものだと思います。

 ・子供と親(育ての親のいうことには逆らえません)。
 ・稼いでいるほうと家事をしているほう(前者が稼いでいるという点で強者。家事をしているという点では強者ですが、後者自身はそれに気づいていないので弱者になりがちです)
 ・加害者と被害者(ある面では加害者が圧倒的な強者ですが、加害者が加害行為を辞めると、立場が逆転します)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。