スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛を取り戻せ!」

過去「「恋愛至上主義」の弊害」として記事を書きました
http://a1hs.blog69.fc2.com/blog-entry-5.html

これについて補足します

>正直言いましょう
>「結婚」に「愛」など不要です

家事労働に対して衣食住という対価を与える、ビジネスとしての要素
子孫を残すという生物としての命題

これ以外について「お見合い結婚」より遥かに
「恋愛結婚」が大多数を占めるようになった理由を考えると
やはり「愛」というものは必要になってくるのです

では「愛とはなんぞや?」と考えると
男性の愛は「守ってあげたいと思う感情」こそが「愛」であり
女性の愛は「特定の異性に対する尊敬の念」こそが「愛」である
そう言えるのではないでしょうか?

ここで問題となるのは「尊敬できる男性」を愛するということです
本来、生きる上での最優先事項である「命」を守ってくれることに対して
「尊敬の念」を抱き、結婚生活を送るのが本筋ではあるのですが
平和な日本という国と、女性を守るための法が数多く存在することが
家族のために仕事をし、経済的に守るという行為が
あまりにも「当たり前すぎる行為」となってしまったのです

そのため、大抵の場合
夫の「仕事に一生懸命打ち込む姿」を見ることのない妻は
妻の勤め先の「仕事に一生懸命打ち込む姿の男性」を「尊敬」してしまい
不倫を働いてしまう、と考えられます

つまり、「経済的に妻を、家族を守っている」という夫の結果が
「あまりにも当たり前すぎる行為」であるがために尊敬することができず
「尊敬の念」、すなわち「愛」が失われていくということになります

一方、夫の方はと言うと
家の中でグータラしていようが「経済的に妻を、家族を守っている」という
結果を残し、継続させています
「経済的に妻を、家族を守っている」限り、「愛」は失っていないのです

しかしながら、経済的に守っていたとしても
命を守っていないのでは本末転倒です
俺が養ってるんだから「何をしたって」俺の勝手だろ?
というのは間違いです
平和な世になり「命の危険」と直面することが少なくなった今
「経済」を重視するあまり、根本たる「命」を軽視している典型的な例です

「経済的に妻を、家族を守っている」限り、と言いましたが
意図しないケースで突然「守れなくなる」場合もあります
リストラに遭ったり、事故に遭ったり、また「冤罪」に遭ったり・・・
そういう状況になって平然と職を探そうともしない夫というのは
もはや家族に対する「愛」を失っていると考えられますが
そうでない場合、職を失ったことでもがき苦しんでいる限り
決して家族に対する「愛」は失っていないのです

また「愛」とは強制するものではありません
「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ!」とか
「あなたはもうわたしを愛してなんかいないんだよね!」とか・・・

ただし
なぜそういう風に言われてしまったのか・・・
考えなければなりません

「日本であるために」
女性は、男性が「家族を養う」ということに対し
当たり前ではなく、もっと真摯に受け止め、感謝し、尊敬するべき

男性は、「家族を養えばいい」というだけでなく
自分に向けられた愛情を、そのまま優しく返すべき
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。